2011年04月30日

アイスプラントで津波による塩害の田畑の復興

アイスプラントを大量に植えて、今回津波の影響で塩害が懸念される田畑に一時植えるというのは、どうでしょうか?

【アイスプラント】
栽培方法として、難しい手順を必要としなので、土とプランターさえ用意すれば、誰でも簡単に栽培することができます。
 アイスプラントを上手に栽培するコツは、温度管理に気を配ることです。アイスプラントに適した温度は、5度から25度とされています。
これさえ、維持できれば簡単に栽培できるのです。
他にも、アイスプラントには、害虫抑制効果があります。
これは、南アフリカの塩分を含んだ土壌で育ったことに由来しています。
プランター栽培は、虫が付くから嫌いという方も、虫のことを気にせず栽培を楽しむ事ができます。
 アイスプラント(学名:Mesembryanthemum crystallinum)はハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。名前の由来は表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることから。ヨーロッパ、西アジア、アフリカ原産。
【生態】
乾燥に耐えるとともに、耐塩性が高い塩生植物の一つであり、海水と同程度の塩化ナトリウム水溶液中でも水耕栽培が可能である。
さらに、生活環が半年程度と比較的短く、栽培も容易なため、植物の耐塩性研究におけるモデル生物と考えられ、学術的な注目も集まっている。
水耕栽培ではなく、土耕栽培を行った場合は、地中にカドミウムなどの有害な重金属が含まれている場合、一般作物以上に吸収、蓄積する特性があるそうだ。表皮には塩嚢細胞(ブラッダー細胞、英語:Bladder Cell)と呼ばれる体内に侵入した塩類を隔離するための細胞が発達する。大きさは2ミリ前後に達し、透明でキラキラと輝くため、種名のクリスタリナムの由来となっているそうだ。


続きを読む
posted by 通りすがりの黒猫 at 13:50| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。