2008年11月01日

麻薬の低年齢化??

麻薬の低年齢化が進んでる?

 慶応大学で大麻販売!!
慶応義塾大学の20歳と21歳の学生が大麻の所持・売買で逮捕された。
大学によると、2004年と05年、昨年(2007年)にもあって、5年間に計7人が摘発されているという。
 また他大学でも、昨年は関東学院大で14人、今年は法政大で5人というのがあって、大学生の大麻事件は、2004年114人から2005年63人と減ったが、その後2006年73人、2007年92人と増えているのだそうだ。

 高校生が大麻栽培!!
 県立高校を休学中の男子生徒(17)らが乾燥大麻を所持していたとして、県警に現行犯逮捕された事件を受け、県教育庁は十四日、沖縄市の県立総合教育センターで緊急校長会を開いた。


 大麻を栽培した疑いで検挙されるニュースは後を絶たないが、それでは、元々の「種」は、どこから手に入れているのだろうか??
2007年9月19日の朝日新聞が伝えるところによると、大麻の種を所持すること自体はいいが、「栽培目的と知りながら種を売れば、幇助や共謀関係を問われることもあり得る」としている。


posted by 通りすがりの黒猫 at 22:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。