2007年07月25日

洋画が好調!!

 夏休みに向けてハリウッド映画の興行収入が好調だ。同時期で比べるとここ10年で最高になりそうな勢い。ヒット作の続編が勢ぞろいしたのが主因で、配給会社からは「ハリウッドの娯楽大作が再評価されている」と喜びの声があがる。昨年、21年ぶりに洋画の興収を抜き去った邦画は苦戦している。
  シリーズ3作目の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」、4作目の「ダイ・ハード4.0」、5作目の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」…。今夏は、近年まれにみるハリウッドの超人気作の続編の当たり年だ、「オーシャンズ13」、さらにSFX大作「トランスフォーマー」など話題作も控えている。
 「舞妓Haaaan!!!」「大日本人」「西遊記」などがヒットしているものの伸び不足か!!
 夏休みだから「ポケモン」頑張れ!!


posted by 通りすがりの黒猫 at 08:23| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。