2008年05月04日

2008年4月ドラマ視聴率!!(4回目)

昨日からフジテレビ系で『ハチワンダイバー』が始まりましたね!!
将棋の世界それも真剣師の世界を扱ったもの・・・。
仲里依紗ちゃんの裏と表の顔が・・・メイド服姿がかわいいですね。

 みなさんはメイド喫茶に行ったことはありますか?
  わたしは、残念ながら行ったことはないですが・・・。

後は、月9の『CHANGE』ですね!!最近少しCMで流れてますね。なんかワクワクします。

TV04-04.JPG


posted by 通りすがりの黒猫 at 14:23| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

2008年4月ドラマ視聴率!!

4月のドラマは足並みが揃わないので
  何回となかなか区切りがつかないですね!!

『ごくせん』がダントツですね!!
NTVさん他のドラマの視聴率が伸び悩みかなぁ。

TV04-03_01.JPG

まだまだ始まっていないドラマに目が離せない!!
posted by 通りすがりの黒猫 at 04:23| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

ムービーを紹介!


posted by 通りすがりの黒猫 at 00:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

2008年4月ドラマ視聴率!!

『ごくせん』強し!! 初回26.4%
 ジャージに眼鏡におさげ髪の熱血教師のヤンクミが三度旋風を起こすのか??(日テレ開局55周年記念番組)
『ROOKIES』個性が強いだけに敬遠か??
『ラスト・フレンズ』そこそこの数字!!
まだ、月9が始まっていないのです・・・。
『CHANGE』は一体いくつをとるのか??

TV04-03.JPG

最近野球中継もピッタリ9時前に終わってくれるので、ドラマ好きには嬉しいのでは・・・。

あなたの一押しのドラマの行方は?!?

posted by 通りすがりの黒猫 at 09:42| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

2008年4月ドラマ(主題歌)

ドラマの主題歌いろいろ(ED&挿入歌) --2008/04/26修正--

月曜
CHANGE <フジテレビ>
主題歌 : Madonna『Miles Away』

火曜
・絶対彼氏 <フジテレビ>
主題歌 : 絢香『おかえり』

・無理な恋愛 <フジテレビ>
主題歌 : 堺正章『忘れもの』

・おせん <日本テレビ>
主題歌 : Micro『踊れ』
ED曲 : タッキー&翼『恋詩 -コイウタ-』
水曜
・ホカベン <日本テレビ>
主題歌 : トータス松本『涙をとどけて』

木曜
・7人の女弁護士 <テレビ朝日>
主題歌 : BoA『Kissing you』

・ラスト・フレンズ <フジテレビ>
主題歌 : 宇多田ヒカル『Prisoner Of Love』

金曜
・パズル <テレビ朝日>
主題歌 : 倖田來未『Moon Crying』

・Around40 〜注文の多いオンナたち〜 <TBS>
主題歌 : 竹内まりや『幸せのものさし』

・キミ犯人じゃないよね? <テレビ朝日>
主題歌 : YA-KYIM『Super☆Looper』

土曜
・ROOKIES <TBS>
主題歌 : GreeeeN『キセキ』

・ごくせん <日本テレビ>
主題歌 : Aqua Timez『虹』
挿入歌 : 高木雄也『俺たちの青春』

・ハチワンダイバー <フジテレビ>

日曜
・猟奇的な彼女 <TBS>
主題歌 : 米米CLUBの『つ・よ・が・り』
posted by 通りすがりの黒猫 at 21:43| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年4月ドラマ視聴率!!

まだ、全部のドラマがスタートしないけど
 みなさんは、何を見ようと決めていますか??

Around40 〜注文の多いオンナたち〜 <TBS>が、今回最高の15.7%をつけましたが・・・。
TV04-02.JPG

パズル <テレビ朝日>も、お金に執着する教師役(石原さとみ)パズルを解くのは天才的??
 毎回1話ごとに暗号(パズル)を・・・。

絶対彼氏 <フジテレビ> お菓子作りにこだわるオモイ女役を演じる相武紗季、理想の彼氏ロボットを演じる速水もこみち お試し期間5日間に何かが変わるのか?

おっと、今日からROOKIES <TBS>とごくせん <日本テレビ>が・・・。

4月ドラマ まだ、まだ これからて感じですかね!!
 

posted by 通りすがりの黒猫 at 20:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

2008年4月ドラマ視聴率!!

桜は咲いたし!!野球も開幕!!
 春のドラマがそろそろ開花中!!

どうなるのか?!?
 注目度満点なのが、月9の木村拓哉主演の『CHANGE』ですかね!!
  木村拓哉さんが演じるのは、子どもたちに囲まれながら充実した日々を送っていた小学校教師、朝倉啓太。政治になどまったく興味を持っていなかった啓太が、ある事情から議員へ、そして総理大臣へとかつぎ出されてしまうのです。破天荒なドラマの様相!!
今回のドラマのテーマが、“政治”を、夢と希望にあふれたエンターテインメントとして描いて、みなさまにお届けします。とのことだ、最近なにかと問題の多い政治・・・木村拓哉さんが演じる総理は一刀両断するのか、出来るのか?!?

 放送回数 未定なのが今回4月からのドラマは多いんです。
一回目をスタートしたところはまばらだけど、今週からスタートもあるので、チョット目を離せないのでは・・・。


04TV.JPG
posted by 通りすがりの黒猫 at 15:03| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

寒い!! 日本列島

もう一週間前の話になっちゃいますけど・・・。

寒い! 旭川市内でマイナス33.3度


 日本列島は東日本から北日本にかけて厳しく冷え込んでいる。北海道旭川市郊外の江丹別では零下33.3度と17日、この冬一番の寒さを記録。零下30度を下回るのは05年以来3年ぶりで、01年の零下36.6度以来の寒さとなった。

北海道旭川市の石狩川に注ぐ永山新川で、旭川市街地でも16日朝は零下23.8度まで下がり、日中の最高気温も零下11.4度。石狩川に注ぐ永山新川には朝霧が立ちこめ、朝日を受けてダイヤモンドダストがきらきらと輝き、凍った川面に「霜の花」が咲いた。

 気象庁によると、冷え込みは、上空の寒気と晴天で熱が奪われる放射冷却現象のためだそうだ。

posted by 通りすがりの黒猫 at 08:45| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

2007秋ドラマ視聴率

秋の夜はドラマを見るのに最適!!

『ガリレオ』が順調に20%を維持!!

私のイチ押しは『スワンの馬鹿!〜こづかい3万円の恋〜 <フジテレビ>』なんだけどな
 まだ、見たことがない人のために後ほど・・・。

TV10-5.JPG
posted by 通りすがりの黒猫 at 09:38| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリレオ 第5章

第5章 『絞殺る』 視聴率 22.9%
詳細は公式ホームページ
ガリレオ

湯川(福山雅治)の元を訪れた薫(柴咲コウ)は、ゼミの学生・紗江子(葵)が湯川に迫っていると勘違いする。薫は、紗江子に対して冷たい態度をとった湯川を「卑怯者」と非難した。だが、実は紗江子は、アーチェリー部の長谷部(弓削智久)と学生結婚しようとして周囲から猛反対されてしまい、湯川に助けを求めようとしていただけだった。

 薫は、早とちりしてしまったことを誤魔化し、慌てて湯川に捜査協力の話を切り出す。それは、管内のホテルで起きた密室殺人事件だった。被害者は、長野でペンションを経営する矢島(岡本光太郎)という男で、死亡推定時刻は、矢島がホテルにチェックインしてからちょうど1時間後の午後6時。実は、矢島がチェックインする少し前から、部屋の前の廊下で電気配線のチェックが行われていた。作業員によれば、3時間近くに及んだその修理中、その部屋に入ったのは矢島だけだという。しかし、部屋には矢島と犯人が飲んだと思われるコーヒーの容器がふたつ残されており、矢島が飲んだと思われる容器からは睡眠薬が検出されていた。このことから、犯人は矢島を眠らせた後、絞殺したものと思われた。だが、謎はそれだけではなかった。実は、ホテルの対面にあるビルで働く会社員(利重剛)が、矢島の部屋で火の玉が飛んだのを見たと証言していたのだ。部屋の床には、そのためについたと思われる焦げ跡も残っていた。

 警察は、矢島がここ数ヵ月の間に、複数の生命保険に加入していることから、妻の貴子(水野美紀)に疑いの目を向けた。しかし貴子は、事件があったと思われる時刻、東京から車で3時間ほどかかる地元のスーパーで買い物をしている姿が目撃されていた。アリバイは完璧だった。
 この事件に興味を抱いた湯川は、事件現場を見た後、薫とともに矢島のペンションを訪れて貴子に会う。貴子は、ひどくやつれたようすだった。事件のことを訪ねられた貴子は、犯人のことはもちろん、目撃されたという火の玉のことも見当がつかない、と答えた。矢島と貴子は、喘息の持病を持つひとり娘・秋穗(大後寿々花)のために、この土地に引っ越してきたのだという。その際、湯川は、事件の翌日、秋穗が学校に行ってからどうしたか、と貴子に尋ねた。貴子は、ひとりでずっと家にいた、と答えたが…。

 あくる日、薫と弓削(品川祐)が捜査から戻ると、そこに秋穗がやってきた。秋穗は、貴子が嘘をついている、というのだ。実は秋穗は、事件前日の晩、ペンション内にあるステンドグラス工房で火の玉を目撃し、貴子にもそのことを話したというのだ。薫は、秋穗とともに湯川の元に向かった。

 湯川は、助手の栗林(渡辺いっけい)にも手伝ってもらい、さまざまな火の玉を作って秋穗に見せた。しかし、そのどれも、秋穗が目撃したものとは違うらしい。すると秋穗は、火の玉の正体が知りたくて来たんじゃない、と声を荒げた。さらに秋穗は、最近の貴子のようすから、他にも隠し事をしているはずだ、と続けた。すると湯川は、ひとつひとつの事実を検証もせずに人を疑うような発言は慎むべきだ、と秋穗に告げる。カッとなった秋穗は、警察も貴子を疑っているくせに、と叫んだ。次の瞬間、突然咳き込み、胸を押さえて蹲る秋穗。
しかし、カバンから取り出した携帯用噴霧器は、中身が空だった。栗林は慌てて医務室に向かおうとした。そこで湯川は、秋穗にコーヒーを飲ませ、落ち着かせた。カフェインには気管支を拡張する効果があるのだという。

 薫は、秋穗を自宅まで送り届けた。その際、ステンドグラスの工房を見せてもらった薫は、あるものに違和感を抱く。薫が戻ろうとすると、そこに秋穗がやってくる。秋穗は、少し戸惑いながらも、本当の気持ちを薫に打ち明けた。自分の体のせいで住み始めたこの場所も、恩着せがましい父親のことも嫌いで、父親とはよくケンカをしたこと、でも両親はとても仲が良かったこと…。秋穗は、そんな母が父を殺した犯人とは思えない、というのだ。薫は、そんな秋穗に礼を言うと、優しく微笑んだ。

 聞き込みを続けた薫は、新たな情報を入手する。向かいのビルの会社員は、火の玉を2回見ていたのだ。薫は、湯川の元にその報告に行った。湯川は、アーチェリー場にいた。そのとき、薫は、あることに気づく。アーチェリー場に貼られていた「一射入魂」という文字を、薫は、ステンドグラス工房でも見ていたのだ。それを聞いた瞬間、湯川の脳裏に今回の事件の全体像が浮かんだ――。

 湯川は、研究室に学生たちを集め、実験の準備をする。矢島は自殺した、と湯川は言うのだ。用意されたのは、マネキン、長短2本の弦が張られたアーチェリーの弓、ふたつのハンダごてとタイマーコンセント。湯川は、2本張られた弦のうち、緩い方をマネキンの首に巻きつけ、きつく張られたもう一方の弦にハンダごてを当てた。弦は、高密度ポリエチレンでできているため、熱に弱いのだ。タイマーセットされたコンセントは、やがて電流を流し、短い弦を焼ききった。すると、首に巻かれた弦がマネキンの首を絞めて伸びきった。さらにその後、遅れてセットされていたもうひとつのハンダごてが熱を発し、首を絞めていた弦を焼き切った。ふたつの火の玉の正体とは、焼き切られたとき、2本の弦の先端についた炎だった。

 矢島は、他殺に見せかけるために慎重に準備を進め、自殺の前夜、工房でテストまでしていたようだった。秋穗が見た火の玉は、その際のものだと思われた。使った道具類は、すべて貴子が回収した、というのが湯川の推測だった。

 別の日、取り調べを受けた貴子は、すべて告白した。自宅からは、矢島が使用したアーチェリーの弓やハンダごてを改良したものなどが押収されていた。貴子は、自殺する前の夫から電話で指示され、彼が死んだ翌朝にホテルを訪れていた。そこで始めて夫の死を知った貴子は、必死に動揺を抑えながら、矢島が残した手紙どおりに、道具を回収して戻ったのだという。遺書には、こんな形でしか家族を守れない自分を許してほしい、と記されていた。薫は、何故矢島の指示通り、道具を処分しなかったのか、と貴子に尋ねた。すべて処分していれば、矢島の計画は成功していたかもしれなかったのだ。すると貴子は、あの人の大切な形見を捨てられるわけがない、と涙ながらに答え…自白した。

 同じころ、秋穗は、湯川を訪ねていた。ステンドグラスでできた手作りのコースターを2枚、湯川に手渡す秋穗。湯川と薫への感謝のしるしだという。秋穗は、これからは自分が母親を守っていく、と湯川に告げると、「こういうとき、普通は泣くものかもしれないけど、親の苦労、ずっと見てきたからかな。ひねくれているの」と言って微笑んだ。すると湯川は、ひねくれているのではなく論理的で建設的と捉えるべきだと秋穗に告げる。何故なら自分も、両親の苦労を見てきたが、まったくひねくれていないからだ、と語った。

 湯川の元を訪れた薫は、検察が貴子の起訴を見送ったことを報告した。だが、貴子たちは自己破産と債務処理の手続きをとって、秋穗と一緒に実家に戻ることになりそうだという。薫は、どの段階で自殺だと気がついたのか、と湯川に尋ねた。すると湯川は、事件現場を見たときだと答えた。コーヒーの容器を持ち去らずに指紋をふき取って残していった点、そして睡眠薬を使ったにもかかわらず死体がベッドに横たわっていた点から、事件は密室殺人ではなく、被害者以外、部屋には誰も入ってこなかった、と考えたのだ。

次回 あらすじ 第6章 『夢想る』
詳細は公式ホームページ
ガリレオ
 湯川(福山雅治)は、薫(柴咲コウ)から、彼女の幼なじみが起こした事件についての捜査協力を依頼される。事件が起きたのは森崎家の屋敷だった。二階の自室で寝ていた17歳の娘・礼美(堀北真希)のもとに坂木(新井浩文)という男が侵入し、暴行を働こうとしたのだという。物音に気づいた礼美の母・由美子(手塚理美)は、娘の部屋に駆けつけ、坂木に向かって猟銃を発砲した。幸い礼美は無事だったが、坂木は傷を負ったまま現在も逃亡中だった。

 坂木は、薫とは小学校時代の同級生で、現在は占い師をしていた。坂木の店の名前は『モリサキレミの占いの館』。つい最近、薫は、偶然この店を訪れ、坂木と再会していた。捜査にあたった弓削(品川祐)は、坂木が客として自分の店にやってきた礼美のことを、ここひと月ほどストーキングしていた事実を薫に告げる。そんな折、薫の携帯電話に逃亡中の坂木から連絡が入る。そこで坂木は、自分を部屋に呼んだのは礼美の方だと薫に訴えた。坂木が占いに使っていた水瓶に、「会いに来て」という礼美からのメッセージが浮かんだというのだ。湯川の元を訪れた薫は、事件の経緯を説明した。しかし湯川は、ストーカーの妄想にしか思えない、と答えた。すると薫は、坂木が小学校時代に書いた作文を湯川に見せる。そこには、「僕の夢は、モリサキレミと結婚すること」と書かれており、文章の横には、礼美の部屋の飾り窓とそっくりな絵が添えられていた。
posted by 通りすがりの黒猫 at 08:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

「ガリレオ」映画化 「容疑者Xの献身」来秋公開!!

 秋の連続ドラマの中でダントツ人気を博しているフジテレビ系の「ガリレオ」(月曜後9:00)の映画化が決まった。ガリレオこと天才物理学者、湯川学を好演中の福山雅治はじめ、ドラマのレギュラー陣がスクリーンで活躍する「容疑者Xの献身」がそれ。来年秋の公開を予定している。

 東野圭吾の短編シリーズ「探偵ガリレオ」をドラマ化した「ガリレオ」は10月15日の初回平均視聴率が24・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。以降も20%超えの高視聴率をキープしている今秋人気ナンバーワンのドラマだ。

 映画化される「容疑者X−」はガリレオシリーズ初の長編小説で直木賞受賞作。ある完全犯罪を計画した天才的数学者・石神哲哉と湯川との緊張感あふれる駆け引きを描いた傑作で、国内はもちろん海外からも映像化権のオファーが殺到していたという。

 シリーズのドラマ化の交渉中に発表されたこの「容疑者X−」を読み、「短編とはちょっと趣の異なる魅力。これも映像化したいと漠然と考えていた」というのはフジテレビドラマ制作センターの鈴木吉弘プロデューサー。間もなく自社の映画事業局が映画化権の獲得交渉を進めていることが分かり、ドラマから映画までの一連のプロジェクトとして映像化を提案してきた。

 連ドラの「ガリレオ」は提供スポンサーとのコラボCM、福山と新米刑事・内海役(原作とは異なる設定)の柴咲コウとのコラボ主題歌など放送前からのPRが功を奏し、原作の売り上げも急伸。出版元の文芸春秋によればドラマ化を公表した8月上旬、シリーズ累計160万部だった小説が10月上旬には280万部を突破したという。

 東野は「映像化に限ればガリレオはもはや原作者の手の届かないところにある。『容疑者X−』の世界をスクリーン上で実現すればどうなるのか、全く想像がつかない」と話す。

 連ドラに続き映画も手がける西谷弘ディレクターはドラマ「白い巨塔」や映画「県庁の星」などで知られるヒットメーカー。スケールアップしてスクリーンに登場するガリレオへの期待は大きい。
 フジテレビで放送のドラマが映画化、踊るシリーズ、HEROと大ヒットを目指す!!
tnr0711070823001-p1.jpg

posted by 通りすがりの黒猫 at 14:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

ハートマークのトレジャースマイル 

 額のかわいいハートマークが話題沸騰中のトレジャースマイル(2歳牝・水沢 村上昌幸厩舎)
みちのくレース岩手競馬
ha-to_torejya.jpg
(写真・トレジャースマイル 撮影/横川典視)

posted by 通りすがりの黒猫 at 22:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ガリレオ 第4章

第4章 『壊死る』 視聴率 23.6%
詳細は公式ホームページ
ガリレオ
 ある豪邸の室内プールで若い女性の水死体が発見された。両親が旅行に出かけていた間に起きた出来事らしい。検死の結果、死因は心臓麻痺によるものと思われた。だが、何故か胸の皮膚の一部だけが壊死(えし)していた。そのことが気になって湯川(福山雅治)のもとを訪れた薫(柴咲コウ)は、何故皮膚が壊死したのか、と彼に尋ねた。しかし湯川は、それは物理学の範疇ではない、と言って薫を追い返してしまう。

ある日、四ッ谷工科大学で開かれた物理学会での講演を終えた湯川は、ひとりの学生に呼び止められる。講演の内容に感銘を受けた、というその学生の名前は、田上昇一(香取慎吾)。その大学の院生だった。田上の名前に覚えがあった湯川は、記憶をたぐり、ひとつの論文を思い出す。その論文の内容に興味を持っていた湯川は、田上に名刺を手渡すと、いつでも連絡してくれ、と言って彼と別れた。するとそこに、薫が現れる。水死した女性・篠崎怜子(蒼井そら)は、この大学の学生だったのだ。湯川の姿を見つけた薫は、再度彼に相談を持ちかけたが、全く取り合ってもらえない。そのとき、ふと掲示板を見た薫は、そこで “皮膚疾患の先端技術”という文字を見つける。皮膚が壊死した原因がわかるのではないかと思った薫がその研究室を訪ねてみると、そこにいたのは白衣姿の田上だった。薫から事件の話を聞いた田上は、心臓麻痺とは関係ないのではないか、と答えた。そのとき薫は、シリコンウエハーという半導体の材料を自分で削って作ったというブローチを田上からもらった。

そんなある日、湯川の研究室に田上が訪ねてくる。そこで田上は、海外に出て研究をするつもりはないのか、と湯川に問いかけた。田上は、社会で実用される研究をして、それに見合うだけの報酬を受け取りたいという考え方の持ち主で、軍事産業に進むことを視野に入れているようだった。誰も存在しないような兵器を考えるのは楽しいと思う、などと笑いながら話す田上に、湯川は何かを感じたようだった。


同じころ、薫や弓削(品川祐)たちは、心臓麻痺と胸の痣の因果関係がつかめず、捜査を終わりにしようとしていた。するとそこに湯川から電話が入った。もう一度、事件の詳細を教えてほしいのだという。
薫とともに監察医務院を訪れた湯川は、監察医の桜子(真矢みき)から検死結果や壊死した細胞などを見せてもらう。薫は、事件性を匂わせる湯川の言葉に困惑しながらも、彼の指示で、この半年の間に心臓麻痺で死んだ人間を調べ始める。


あくる日、薫は、湯川の研究室を訪れる。他殺説の根拠を聞くためだった。だが、湯川の姿はなく、助手の栗林(渡辺いっけい)が、プラスチックウェルダーを使って溶接作業をしていた。その際、薫は、田上のことを栗林に話していた。
同じころ、湯川は、学内の図書館で、医学書などを調べていた。そこにあった専門雑誌には、田上の記事が掲載されていた。


田上の元を訪ねた薫は、怜子の死は他殺の可能性があると彼に伝えた。そこで初めて湯川が捜査に協力していることを知った田上は、一瞬表情を変えるが、すぐに自分も心臓麻痺を起こす方法を考えてみる、と薫に告げた。
研究室に戻った湯川は、村瀬(林剛史)らゼミの学生を総動員して、世界中のWEBサイトを対象に、「暗殺」「心臓麻痺」「兵器」といったキーワードを調べさせる。やがて、キューバのあるサイトが浮かび上がった。そこには、「心臓麻痺にしか見えない暗殺方法」「暗殺に最適」「すでに数回の実験で効果確認済み」という売り込みの言葉があった。

一方、薫は、ここ半年間で、怜子と同じような不審死を遂げた2件の記録を見つける。湯川の元に報告に行った薫は、田上からもらったブローチを床に落としたことに気づかなかった。
薫は、その足で田上を訪ね、今回の一件が連続殺人事件に発展するかもしれない、と彼に告げる。その際、田上は、湯川が悩んでいること、そして怜子の事件を追っているのが薫だけであることを知る。すると田上は、薫に高級ホテルの宿泊券をプレゼントし…。

その夜、湯川は、久しぶりに草薙(北村一輝)と飲みに行く。その席で、薫のせいで自分の研究が進まない、と草薙に告げる湯川。すると草薙は、薫もストレスを溜めているらしい、と答えた。薫は、3週間ぶりに休暇をとり、高級ホテルでリフレッシュすると言っていたらしい。

あくる日、湯川は、田上に電話し、会って話がしたいから食事でもどうか、と誘った。田上は、ある高級ホテルのロビーにいた。田上は、今日は約束があってだめだと答えた。すると湯川は、「殺したのは君だろう?」といきなり切り出した。が、湯川が殺害方法までたどり着いていないことを知った田上は、笑いをこらえながら、解けない問題は諦めてゆっくり休んだほうがいい、などと言って電話を切った。そのとき湯川は、田上の背後で鈴のような音を聞いていた。

 薫は、田上からもらった宿泊券を使って、ホテルでの休暇を楽しんでいた。薫がレストランで食事をしていると、そこに田上がやってきた。田上も、このホテルで週末を過ごすことにしたのだという。

 湯川が研究室で田上の考案した殺害方法について考えていると、栗林がやってきた。栗林は、薫が落としていったブローチに気づき、それが田上の手作りであることを湯川に告げた。田上がシリコンウエハーを超音波加工機で彫ったことを知った瞬間、湯川の頭の中に何かが閃いた。(机の上の物をはらって、数式を書き出す)
 湯川は、薫に電話を入れ、犯人が超音波を使って被害者を殺害したことを告げる。超音波を水中で発射すると、負の圧力が生じ、水中に空洞や気泡が発生する。その圧力が負から正に変わる瞬間、空洞が消滅することによって破壊作用が起こるというのだ。電話の最中、湯川は、鈴の音を聞いていた。それは、ホテルスタッフが持っていた、プラカードについている鈴だった。田上と食事中だった薫は、明日から早速捜査する、というと電話を切り、携帯電話の電源を切った。

 食事を終えた薫は、田上に支えられながら部屋へと戻った。原因は、田上がワイングラスに入れた薬のせいだった。風呂に入った薫は、そのまま眠ってしまう。すると、薫の部屋に何者かが侵入し、怜子を殺害した超音波ツールで薫を殺害しようとした。その瞬間、バスルームに弓削たちが飛び込んできて、男を取り押さえた。だが、その男は田上ではなかった。

 ホテルを後にしようとしていた田上は、ロビーにいた湯川の姿に気づく。湯川は、田上をホテルのバーに誘うと、薫が無事であることを田上に伝えた。湯川は、科学者なら研究テーマに対して誠実であるべきだ、と田上に告げた。田上は皮膚の壊死を軽視していたが、薫はそれを見逃さなかった――ゆえに、5年も費やした田上の作った超音波ツールは失敗作だというのだ。湯川は、田上に手書きの設計図を手渡すと、自分の考えた方法なら痣は残らないと告げた。その設計図を見た田上は、ショックを隠せず・・・。

あくる日、薫は、湯川の研究室を訪れた。田上は罪を認めたのだという。しかし薫は、肝心なときに眠ってしまったことや、同僚たちに裸を見られたことで激しく落ち込んでいた。湯川は、そんな薫を横目に、彼女が落としていったブローチをそっとゴミ箱に捨てて・・・。

第5章 『締殺る』
湯川(福山雅治)は、貝塚北署の薫(柴咲コウ)から、管内のホテルで起きた密室事件について捜査協力を求められる。被害者は、東京近県でペンションを経営する矢島(岡本光太郎)という男。死亡推定時刻は、矢島がホテルにチェックインしてから1時間後の午後6時だった。

実は、矢島が807号室にチェックインする少し前から、部屋の前の廊下で電気配線のチェックが行われていた。作業員によれば、3時間近くに及んだその修理中、807号室に入ったのは矢島だけだという。しかし、部屋には容疑者と犯人が飲んだと思われるコーヒーの容器が残されており、一方の容器からは睡眠薬も検出されていた。このことから、犯人は矢島を眠らせた後、絞殺したものと思われた。だが、謎はそれだけではなかった。実は、ホテルの対面にあるビルで働く会社員が、矢島の部屋で火の玉が飛んだのを見たと証言したのだ。

警察は、矢島がここ数ヵ月の間に、複数の生命保険に加入していることから、妻の貴子(水野美紀)に疑いの目を向けた。しかし貴子は、事件があったと思われる時刻、地元のスーパーで買い物をしている姿が目撃されていた。この事件に興味を抱いた湯川は、薫とともに貴子に会いに行く。しかし貴子は、犯人や火の玉にも心当たりはない、と答えるだけだった。

あくる日、薫と弓削(品川祐)が捜査から戻ると、そこに矢島の娘・秋穗(大後寿々花)がやってきて、貴子が嘘をついている、と言い出す。
詳細は公式ホームページ
ガリレオ

posted by 通りすがりの黒猫 at 20:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007秋ドラマ視聴率

秋の夜はドラマを見るのに最適!!

『ガリレオ』が順調に20%を維持!!
SMAP 香取 慎吾ちゃんの出演の影響は大??
TV10-4.JPG

SMAPのメンバーを犯人にすれば
  最終話は木村拓哉を犯人にすれば高視聴率は間違いなし!!
posted by 通りすがりの黒猫 at 20:25| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ガリレオ

第3章 『騒霊ぐ』 視聴率 21.3%
 帝都大学物理学科の准教授・湯川学(福山雅治)は、貝塚北警察署の刑事・内海薫(柴咲コウ)をメールで呼び出す。
突然のメールに不審を抱きながら帝都大学に向かった薫は、そこで神崎弥生(広末涼子)という女性に出会う。
弥生は、湯川ゼミの学生でもある村瀬(林剛史)の姉だという。
そこで弥生は、夫の直樹(渡辺裕樹)が事件に巻き込まれて帰ってこないから助けてほしい、と薫に訴えた。
警察に捜索願を出したが、事件性がないと言われて取り合ってもらえなかったらしい。
薫は、個人的に相談されても困る、と言って弥生の頼みを断ろうとした。
だが、湯川から、自分はいつも協力しているのだから今度は君の番だ、と言われてしまい、とりあえず弥生からシブシブ事情を聞くハメになってしまう。


介護用品メーカーに勤める直樹が失踪したのは5日前のことだった。
失踪当日、直樹はとある老人ホームに立ち寄ったことまではわかっていた。
だが弥生は、その後直樹が、日ごろから気にかけていたひとり暮らしの老婆・高野ヒデ(森康子)の家に行ったはずだと主張する。
しかもヒデは、直樹がいなくなったのと同じ日に、心筋梗塞で亡くなっているのだという。
すでに弥生は、ひとりでヒデの家を訪ねていた。
そこにはヒデの甥だという高野昌明(甲本雅裕)ら4人の男女がいたが、直樹のことは知らないと答えたという。
昌明たちが1ヵ月ほど前からヒデの家に住んでいることを知った弥生は、彼らに不審を抱き、ずっと見張っていたらしい。
弥生によれば、昌明たちは毎晩8時ごろになると決まって外出するのだという。
そのチャンスにヒデの家に忍び込もうとした弥生は、家の中で物音がするのを聞いた、と薫に告げた。


監察医の桜子(真矢みき)によれば、ヒデの死亡診断書に不審な点はなかった。
薫は、虐待事件かもしれない、などと言って弓削(品川祐)に協力を求め、ヒデの家を訪ねた。が、すでに生活安全課が
調査していたことを知った弓削は、余計なことに首を突っ込むな、と薫を怒鳴りつけた。

そんな中、薫は、弥生が直樹のことを深く愛していること、そして現在妊娠中であることを知る。
そんな弥生のために、彼女とともに再びヒデの家に向かう薫。ヒデの家に到着したふたりは、昌明たちが外出したのを見計らって家の中にもぐり込んだ。

室内には、何故かいたるところに御札が貼られていた。
人の気配はなく、薫たちが直樹の名を呼んでも返事はなかった。と、そのとき、突然部屋全体が激しく揺れ始める。
薫は、弥生の腕を掴んで外に逃げた。ところが、家の周囲は静まり返っており、ヒデの家から聞こえていた物音もやがて消えてしまう。

薫は、ヒデの家で起きたのはポルターガイスト現象だ、と湯川に報告する。
湯川は、ポルターガイスト現象の目撃例はほとんどが胡散臭い報告だと薫に告げると、彼女とともにヒデの家に向かった。
ヒデの家を観察した湯川は、薫に、ヒデの家があるあたりの昔の地図を手に入れてくるよう指示する。
薫が持ってきた年代ごと地図を検証していた湯川は、ヒデの家が建つ前の地図に、あるマークがあることに気づく。
その瞬間、湯川の脳裏に何かが閃いた。
湯川は、今回のポルターガイスト現象が神崎の失踪と関係があること、そして昌明たちが恐れているのはヒデの霊ではなく、直樹の霊であることを薫に告げた。
神崎の遺体はあの家のどこかに隠されている、と湯川は言うのだ。薫はショックを隠せなかった。

署に戻った薫は、前科者リストから、昌明と一緒にいた男を割り出そうとする。と、同時に、昌明の周辺の聞き込み捜査を開始する薫。
どうやら昌明は、多額の借金をして、取り立て屋に追われていたようだった。
そんな中、薫は、前科者リストの中に、昌明と一緒にヒデの家に住んでいた男・近藤(曽根悠多)を発見する。


あくる日、湯川と薫は、ヒデの家を訪れた。しばらくすると、昌明と近藤が外出した。
栗林(渡辺いっけい)に、信用金庫の職員を名乗ってもらい、ヒデの遺産を預かっていると電話してもらったのだ。
湯川たちがヒデの家に入ると、そこには昌明の妻・理枝(出口結実子)と、近藤の女と思われる晴美(奈良崎まどか)がいた。
晴美が、薫たちを怒鳴り散らしていると、突然、家が大きく揺れ始めた。
薫に命じられるまま、外に飛び出す晴美たち。揺れが収まると、湯川は、バッグの中から工具を取り出し、畳とその下の床板を取りはずした。
するとそこは、真新しいコンクリートで固められていた。

取調べを受けた昌明は、事件のことを話し始めた。借金に苦しんでいた昌明は、伯母であるヒデから金を借りようとしていた。
だが、ヒデはなかなかそれを了承しなかった。そのとき一緒にいた近藤が、ヒデに乱暴に迫った。
元々心臓が悪かったヒデは、そのとき転倒したショックで息絶えてしまったのだ。
運悪くそこにやってきたのが直樹だった。近藤は、ヒデの死を目撃した直樹を殺害し、ヒデの家の床下に穴を掘って投げ捨てると、上からコンクリートを
流して固めるよう昌明に指示していた。

実は、ヒデの家の地下には、古いマンホールがあり、下水管は近くの工場にも繋がっていた。その工場は、毎晩8時から9時の間、熱水を放出していた。
ポルターガイスト現象は、その蒸気がヒデの家の下にあるマンホールを共振させたために起きたものだった。この現象が、ヒデが生きている間には
起きなかったのは、ヒデの死後、マンホールを取り巻く環境が変ったことを意味していた。
それを暴いた湯川は、昌明と近藤を外におびき出した際、午後3時に放出するよう工場側に頼んでいた。

弥生は、監察医務院の霊安室で直樹の遺体と対面した。
そこで薫は、直樹のスーツから、ヒデが財産を預けていた貸金庫の鍵が見つかったこと、そこにあった遺書には、全財産を直樹に譲ると記されていた
ことを弥生に伝えた。
弥生は、薫に感謝の気持ちを伝えると、「あのときの揺れ…直樹が教えてくれたのね…自分はここにいるんだって…」とつぶやいた。
赤ちゃんは自分が責任を持って育てるから安心して眠ってほしい、と直樹に告げる弥生。その目から涙が溢れた…。


研究室を訪れた薫は、あの現象は直樹の霊がやったことではないと弥生に言えなかった、と湯川に告げると、しばらくここにいさせてほしい、と続けた。
湯川は、そんな薫の気持ちを察して、席を外しおいしいおにぎりを買いに行こうとする薫にあにぎりの具の好みを聞くと自分と同じだった・・・。

詳細は公式ホームページ
ガリレオ

次回あらすじ 第4章「壊死る」
 ある豪邸の室内プールで若い女性の水死体が発見された。両親が旅行に出かけていた間に起きた出来事らしい。
検死の結果、死因は心臓麻痺によるものと思われた。だが、何故か胸の皮膚の一部だけが壊死していた。
そのことが気になって湯川(福山雅治)のもとを訪れた薫(柴咲コウ)は、何故皮膚が壊死したのか、と彼に尋ねた。
しかし湯川は、「それは物理学の範疇じゃない」などと言って薫を追い返してしまう。

ある日、某大学で開かれた物理学会での講演を終えた湯川は、ひとりの学生に呼び止められる。
講演の内容に感銘を受けた、というその学生の名前は、田上昇一(香取慎吾)。
その大学の院生だった。田上の名前に覚えがあった湯川は、記憶をたぐり、ひとつの論文を思い出す。
その論文の内容に興味を持っていた湯川は、田上に名刺を手渡すと、いつでも連絡してくれ、と言って彼と別れた。
するとそこに、薫が現れる。水死した女性・篠崎怜子(蒼井そら)は、この大学の学生だったのだ。

湯川の姿を見つけた薫は、再度彼に相談を持ちかけたが、全く取り合ってもらえない。
そのとき、ふと掲示板を見た薫は、そこで “皮膚疾患の先端技術”という文字を見つける。
皮膚が壊死した原因がわかるのではないかと思った薫がその研究室を訪ねてみると、そこにいたのは白衣姿の田上だった。
薫から事件の話を聞いた田上は…。

詳細は公式ホームページ
ガリレオ
posted by 通りすがりの黒猫 at 15:57| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007秋ドラマ視聴率

秋の夜はドラマを見るのに最適!!

010TV01.jpg
ガリレオが依然20%越え!!
 第3章 放送当日見れなかったので録画したものを昨日見ました。
ポルタガイスト現象ふたを空ければ共鳴現象
 詳細および次回あらすじは
   後ほど記載します。

今日は『歌姫』相武紗季ちゃんのブラウス姿がエロイとの評判だそうな・・・。
 早く帰って見よーと!!
posted by 通りすがりの黒猫 at 13:54| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

ガリレオ

第2章 離脱る 視聴率 22.1%
湯川(福山雅治)の研究室を訪れた貝塚北署の刑事・薫(柴咲コウ)は、1枚の絵を彼に見せる。その絵は、殺人事件のアリバイを裏付ける証拠になるかもしれないものだという。しかし、薫たちは、簡単にその絵を信じるわけにはいかなかった。何故ならその絵は、10歳の少年が幽体離脱して見た風景を描いたものだった。
 さて、事件は
 管内のワンルームマンションで起きた。その部屋に住むOLが腐乱死体で発見されたのだ。監察医の桜子(真矢みき)によれば、死因は扼殺による窒息死で、死後4週間が経過しているという。薫や弓削(品川祐)たちは、死亡推定時刻から、事件があった時刻に被害者を訪ねたと思われる保険外交員・栗田(石井正則)から事情を聴く。しかし栗田は、その時間は川沿いに車を停めて寝ていたと主張した。

そんな折、事件を知った上村(小市慢太郎)が、息子の忠広(今井悠貴)が描いたという赤い車が停まっている川の絵を郵送してきた。

 ふたりは、幸恵の店で食事をしていた。上村は、テレビ出演でギャラをもらい、上機嫌だった。テレビ局からの電話で上村が席を外した際、湯川は、忠広に話しかけた。子どものころ、テレビに出た超能力少年の真似をしてスプーン曲げに熱中したこと、しかしその少年がインチキであることを告白し失望したこと――続けて湯川は、不思議なことを語るのはいいが、そこに嘘が混じると罪になる、と忠広に告げた。本当に空を飛んだのか、と忠広に尋ねる湯川。忠広はずっとうつむいたままだったが、車を見たのは本当だと言うと、湯川を見つめた。ほどなく、上村が戻ってきた。忠広は、何事もなかったかのように上村に笑顔を見せた。
 湯川は子供嫌い!! 見つめられてじんましんができたとか

湯川は、忠広が車を見たのは本当だと薫に告げる。そうでなければあの絵の存在を証明できない、というのだ。
あくる日、薫は、桜子の元を訪れ、遺体検案書などを再度チェックする。桜子によれば、犯人は被害者に馬乗りになって首を絞めたものと思われるという。被害者が女子柔道の優勝経験者であることを考えれば、小柄な栗田が犯人とは思えなかった。
一方、湯川は、上村のマンションの前に建っているガラス工場を訪れる。そこで廃材置き場などを入念に調べた湯川は、割れたような破断面の長靴を見つける。次の瞬間、湯川の頭の中に何かがひらめいた。
 別の日、湯川は、上村親子と幸恵を研究室に呼び出す。そこで湯川は、砂糖水が入った水槽とレーザーポインタを使って、光が濃度の薄いところから濃いところに向かって屈折する現象を再現して見せた。同じ原理で起きる自然現象が蜃気楼だという。そのとき、薫の携帯電話に弓削から連絡が入った。弓削は、湯川の要請を受けた薫に頼まれて、例のガラス工場を調べていた。湯川の予想通り、事件があった日、その工場で液体窒素が流出するという事故が起きていた。液体窒素の流出で、工場内の床は急激に冷やされ、転がっていた長靴も凍りついた。
 あくる日、アリバイが証明された栗田は釈放される。その矢先、被害者と交際していた男がいたことが明らかになった。その男は、妻子があるにもかかわらず被害者と結婚の約束をしており、そのことで口論になった際、彼女の首を絞めて殺害したのだという。

 真夏の暑い日の出来事・・・。
詳細は公式ホームページ
ガリレオ

次回のあらすじは
第3章 騒霊ぐ
湯川(福山雅治)からメールで呼び出しを受けた薫(柴咲コウ)は、そこで弥生(広末涼子)という女性から、夫の直樹(渡辺裕樹)が事件に巻き込まれて帰ってこないから助けてほしい、と頼まれる。弥生は、湯川ゼミの学生でもある村瀬(林剛史)の姉だった。

 介護用品メーカーに勤める直樹が失踪したのは5日前のことだった。失踪当日、直樹は、日ごろから気にかけていたひとり暮らしの老婆・高野ヒデ(森康子)の家に行ったはずだ、と弥生は主張した。そのヒデは、直樹がいなくなったのと同じ日に、心筋梗塞で亡くなっているのだという。すでに、ひとりでヒデの家を訪ねていた弥生は、その家にヒデの甥だという高野昌明(甲本雅裕)ら4人の男女が住んでいること、彼らが毎夜決まった時間に外出すること、そして彼らが外出した後、室内から物音がしたことを薫に報告する。

 弥生が直樹のことを深く愛していること、そして現在妊娠中であることを知った薫は、彼女とともにヒデの家に向かった。ヒデの家に到着したふたりは、昌明たちが外出したのを見計らって家の中にもぐり込んだ。が、やはり室内には直樹の姿はなかった。と、そのとき、突然部屋全体が激しく揺れ始めた。薫は、弥生の腕を掴んで外に逃げた。ところが、家の周囲は静まり返っており、家の中から聞こえていた物音もやがて消えてしまう。薫は、ヒデの家で起きたのはポルターガイスト現象だ、と湯川に報告するが…。

本当にポルトガイスト現象なのか、それを湯川がどう解き明かすのかはたまた失踪事件は・・・。

詳細は公式ホームページ
ガリレオ
posted by 通りすがりの黒猫 at 14:14| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

秋ドラマ視聴率 

フジテレビ系『ガリレオ』20%をキープ!!

ドラマ10-4.JPG
posted by 通りすがりの黒猫 at 14:24| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

ねこ鍋

みなさん『ねこ鍋』てご存知でしたか??

最初聞いた時は、えっーと思いましたが
 よくよく聞いたら(見たら)
  ほんわか、ほのぼのさせられちゃいます。

  確かに猫は、カゴとかなんとティッシュの箱に
   もぐりこんじゃう(子猫のとき)
    たまに人のふとんの中にはいりこんで
     こっちが寝返りうった時にはさまれそうになって
      ひっかくことが・・・。


posted by 通りすがりの黒猫 at 13:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

ガリレオ

第1章 燃える     初回視聴率24.7%
 金森(唐沢寿明)が読み語りをテープに録音していたところからスタート・・・。
 事件は、前夜22時20分ごろ、閑静な住宅街で起きた。通りの一角にいつもたむろして騒いでいた若者グループのひとりが、突然、頭が発火して死亡したのだ。先輩刑事の弓削志郎(品川祐)とともに現場に向かった薫は、彼らがそこでネズミ花火をしていたことを知る。しかし、監察医・城ノ内桜子(真矢みき)によれば、被害者は頭蓋骨が炭化するほどの熱傷を負っているという。ネズミ花火が原因とは考えられなかった。
 事件はオカルトなのか殺人なのか??
貝塚北署の新人刑事・内海薫(柴咲コウ)は、尊敬する先輩刑事・草薙俊平(北村一輝)の紹介で、その湯川がいるという第十三研究室を訪ねる。草薙の助言に従って、管内で起きたある事件について彼に捜査協力を求めるためだった。“ミステリーハンター”の異名を持つ草薙は、数々の難事件を解決した功績が認められ、本庁への栄転が決定していた。だが、その草薙いわく、自分が解決した事件は、大学時代の同期で、仲間内で“変人ガリレオ”と呼ばれていた物理学の天才・湯川の協力のおかげだというのだ・・・。
で、捜査協力をと言うことで湯川のもとへ
 湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で、女子学生からは圧倒的な人気を得ている男だが、学問以外のことにほとんど興味を示さない変人でもあった。

湯川は人体が突然発火するという現象に強い興味を抱く。
現場へ

さて、なぜ人の頭が燃えたのか??犯人は・・・?

詳細は公式ホームページ
ガリレオ

次回のあらすじは
第2章 離脱る
湯川(福山雅治)の研究室を訪れた貝塚北署の刑事・薫(柴咲コウ)は、1枚の絵を彼に見せる。その絵は、殺人事件のアリバイを裏付ける証拠になるかもしれないものだという。しかし、薫たちは、簡単にその絵を信じるわけにはいかなかった。何故ならその絵は、10歳の少年が幽体離脱して見た風景を描いたものだった。
 さて、事件は
 管内のワンルームマンションで起きた。その部屋に住むOLが腐乱死体で発見されたのだ。監察医の桜子(真矢みき)によれば、死因は扼殺による窒息死で、死後4週間が経過しているという。薫や弓削(品川祐)たちは、死亡推定時刻から、事件があった時刻に被害者を訪ねたと思われる保険外交員・栗田(石井正則)から事情を聴く。しかし栗田は、その時間は川沿いに車を停めて寝ていたと主張した。

そんな折、事件を知った上村(小市慢太郎)が、息子の忠広(今井悠貴)が描いたという赤い車が停まっている川の絵を郵送してきた。

本当に幽体離脱して見たことなのか、それを湯川がどう解き明かすのか犯人は・・・。

詳細は公式ホームページ
ガリレオ
posted by 通りすがりの黒猫 at 11:12| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。